- B'side of Eddie's Bar - Iron Maiden / Shena Ringo / Music / Anime / TV show etc...
『ヘッドバンガーズクラブ』でガッカリ。
先日6/7 FMA放送の『ヘッドバンガーズクラブ』。



ジャケットアートのイラストレーターをテーマにした企画。

HRギーガー、パスヘッドなどを紹介しながらのこの企画の視点は個人的には大好きなんだが。



デレク・リッグスについて、丹下氏が、


「だれ?」


だって。





もう。


ガッカリだわ。



鋼鉄の処女
鋼鉄の処女












【2014.06.11 Wednesday 16:14】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
3月12日生まれのミュージシャン

HDDレコーダーの整理してたら、途中見のままのベストヒットUSA発見w

整理がてら見始めると、タイムマシーンのコーナーで

「3月12日生まれの有名人」







おおっ!

スティーヴ・ハリス師匠のバースデイではないか!!
( ゚∀゚ )





……スティーヴ、紹介されませんでした。
(´・ω・`)



なんか、しらんおっさんが2人紹介されたけど。。


まだまだだな、ベストヒットUSA。笑


まー、ヴァン・ヘイレンやジャーニーは扱っても、アイアン・メイデンは扱わないか。





先日の2013年ロック・イン・リオもきっとリリースされるでしょう。
ブルーレイのハイビジョンで観られそうですね!きっと。
↓ こちらはブルース・ディッキンソン復帰の感動のツアー。

アイアン・メイデン: ライヴ・アット・ロック・イン・リオ [DVD]
アイアン・メイデン: ライヴ・アット・ロック・イン・リオ [DVD]








【2013.10.08 Tuesday 15:52】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
「死霊復活」のコミック発見。
メイデンの記事用に検索してたら、

「死霊復活」のコミック発見。




表紙で吹いた。





なんと、1981年作品だから、メイデンのライヴレコードより先輩だ。



ま、まさか、当時のA&Rはこのマンガから頂戴してたりして……。










【2013.08.27 Tuesday 17:55】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
アイアン・メイデン総力特集のBeatleg 感想その2
beatleg magazine 9月号 (vol.158)
beatleg magazine 9月号 (vol.158)

beatleg magazine(ビートレッグ マガジン)
2013年9月号158 (2013年08月01日発売)
アイアン・メイデン総力特集




さすが“総力特集”ってことで、冒頭の特集以外にもメイデン関連の記事多し。
参考にメモしておくので、気になった方はゲットしてください♪♪



■ROCK LOCATIONS

グレン・ウィリアムズによる、メイデン所縁の地、アイテムなどを紹介。
2ページだけだが、いいとこついていて、まあ面白い。
カート&ホーシズ、「ザ・ヴィレッジ」の撮影舞台(The Prisoner)、ポルトガルのエディーズ・バー、ニコのBBQハウス、日本人に落札された巨大エディなど。
写真が小さいのが残念。カラーで大き目の写真ならもっとよかったのに。



■Legacy Song 伝説の曲

こちらもグレン・ウィリアムズの3ページの記事。
「The Trooper」にまつわるエピソード。
冒頭のレコーディング時の話は有名だが、「The Trooper」にまつわる話題はOZZFESTの最悪な "Fuck Sharon" 卵事件、トゥルーパー・ビアにまで広がる。

おもしかった。

クリミア戦争をテーマにしているのは有名だが、この曲のモチーフとなる詩の存在など知らない話も多かった。
勉強になった。



■Collectors Item Review

新作のブートレグを紹介するコーナーで、メイデンも1枚紹介されている。
『Seventh Son Of Stockholm』という作品で、読んでたら欲しくなった。笑

メイデンはセットリストを日々変えないのは周知の通りだが、ツアーの間には数回ブラッシュアップされる。
本作品は、オフィシャルの『Maiden England』とはセットリストが違い、「The Trooper」なども演奏されているのだ!

またボーナスディスクとして、モンスターズ・オブ・ロックのオフィシャル音源をまとめた2CDものや、現在のMaiden Englandツアー音源2CDものまでセットとのこと!

購買意欲を刺激される、という意味では、素晴らしいレビューだあ〜!!!!



■ミュージシャン占術

1956年3月12日生まれ、57歳のスティーブ・ハリスさんを占う。

ハリスを知ってて書いたよね?と言いたくなるような、ドンピシャな占いになっている。
……が、そんな無粋な邪推はやめておこう。



■Blu-ray Disc Review

御法川祐三の『Flight 666』のレビュー。

ひっかかったのが、「IRON MAIDEN初のドキュメンタリー」という表現。
ドキュメンタリーという言葉をどう定義するのか、にもよるかもしれないが、僕に言わせれば『Behind The Iron Curtain』は半分ドキュメンタリー風だし、『12 Wasted Years』や『Classic Albums: The Number Of The Beast』はドキュメンタリーじゃないか?


ファン必携のこのディスクを好意的に紹介する記事自体は良いんだが、たった1ページなのに校正不足(てにをは、タイプミスなど多数)で読んでてイライラする。




Iron Maiden Flight 666: The Film [Blu-ray] [Import]
Iron Maiden Flight 666: The Film [Blu-ray] [Import]




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ちなみに。

ながらく陽の目をみることのなかった『12 Wasted Years』(炎の12年)は、今年3月にリリースされた『メイデン・イングランド'88』DVDの「ヒストリー・オブ・アイアン・メイデン Part3」の一部として収録されている。嬉しいぜ。

メイデン・イングランド'88 [DVD]
メイデン・イングランド'88 [DVD]



また、『Behind The Iron Curtain』は、『死霊復活』DVD(Live After Death)の「ヒストリー・オブ・アイアン・メイデン Part2」の一部として収録されている。嬉しいぜ。

死霊復活 [DVD]
死霊復活 [DVD]



で、これ。↓
完全なる、“ドキュメンタリー作品”。

アイアン・メイデン: クラシック・アルバムズ 〜ザ・ナンバー・オブ・ザ・ビースト [DVD]
アイアン・メイデン: クラシック・アルバムズ 〜ザ・ナンバー・オブ・ザ・ビースト [DVD]




【2013.08.27 Tuesday 15:27】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
アイアン・メイデン総力特集のBeatleg 感想その1
beatleg magazine 9月号 (vol.158)
beatleg magazine 9月号 (vol.158)

beatleg magazine(ビートレッグ マガジン)
2013年9月号158 (2013年08月01日発売)
アイアン・メイデン総力特集






「アイアン・メイデン総力特集」を半分くらい読んだ。
自分はブートマニアではないし、演奏・音質の聴き比べなどもそんなできないし、それを文章にするのも得意でないし。

なので、基本的には「自分より知識のある人」(←まー、ライターなら当たり前なんですけど。)の文章ってのは面白く読ませてもらえる。

ので、楽しく読み進めてるんだが…。

なんなんでしょう。




雑誌ってのは、「校正」ってしないんですかあ???




ネットの意見・評論なんかでも、結構同感できる内容の記事になっているのに、誤字脱字が多いせいで途中で読む気がなくなるっていうものによく遭遇する。



Beatlegの記事もそうだった。
アイアン・メイデンの多すぎるブートのなかで、お勧めなものを厳選してくれていて、かつ音質だけでなく背景(バンドの状態、どんなツアーだったか、など)も触れてくれているので、とても親切な文章になっている。

なのに、だ。

てにをは(助詞)のNG、ツアー名の誤り、コピペ行を間違えた?と思われるレイアウトミス…などなど気になってしょうがない。
気が散って、楽しく読めていても気が削がれてしまう。
もったいないなあ。


気になったNG部分は、自分の覚え書きも兼ねて、もう一回読み返す際にできるだけメモして後日記事にしておくつもり。




■伊藤政則インタビュー

そんな中、伊藤政則氏のインタビューはおもしろかった。
(誤字がないのも◎)
会話の様子が浮かんでくるような(おそらく畳み掛けるような会話になっていたのではないだろうか)記事になっているし、どんなライヴを目撃したのかも目に浮かぶよう。

読む前は、 本の宣伝兼ねてだろう〜と思ったんだが、逆にそっちを読んでみたくなるような内容だった。
ただ、スティーブ・ハリスはスティーヴ・ハリスと書いて欲しかった。。
(これは書き手の好みまたはポリシーがあるんでしょうけど。)


目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像
目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像
伊藤 政則 (2013/7/9)






それにしても感心したのは、伊藤政則氏の“記憶力”だ。
インタビューア側の音源・音楽シーンの知識も凄いが、あの会話のテンポでそれに答えていくセーソクは、凄い。

まさに、生き字引。


「ヘヴィ・メタルの肖像」だけでなく、アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト、ボン・ジョヴィなどアーティストごとに1冊ずつ出版するべき。
薄くてもいいから、まずはアイアン・メイデンの目撃証言を出して欲しいもんだ。
CDのライナーなんてもう書かなくていいよ(笑)。
まずは、生き字引の全ての記憶と資料をまとめるべきだ。











【2013.08.20 Tuesday 16:59】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
アイアン・メイデン総力特集のBeatleg Magazine

表紙がかっこええ!!( ゚∀゚ )


beatleg magazine 9月号 (vol.158)
beatleg magazine 9月号 (vol.158)

中身も面白そうだが……ピーカンでチェックしてから買うかー。



beatleg magazine(ビートレッグ マガジン) 2013年9月号158 (2013年08月01日発売) の目次
アイアン・メイデン総力特集

Iron Maiden Live History Part 1 (1979〜2002)
Song Meanings
Steve Newhouse 最初のメイデンのローディーの特別手記
アイアン・メイデンが好き! スティーヴ・ハリス賛歌
伊藤政則 Interview 2013

Black Sabbath 21 : ”TYR” Tour (1990年)
Eric Clapton 『小説エリック・クラプトン』 第三十回 ソロ期 1990年
Dickey Betts Interview & Live Review 2013 Tokyo
Neil Young Wolfgang’s Vaultからのレア音源大量蔵出し
Prince 105 : プリンス、13年の夏 その1
Public Image Ltd. (PiL) メタル・ボックス1979 その成立と余波16 曲目大解説9
Rush 番外篇「RUSH ライヴレポート 2013」 
King Crimson 40周年記念エディション最新盤
Whitesnake Family Tree : 45 : Lee Brilleaux
Led Zeppelin ツェッペリン関連のブートレッグ・レコード(その14)

Colour Gravure Page
Collectors Item Review

Archives : Discover, Remember
Eric Clapton/Jeff Beck/Deep Purple/KISS/BBB (3”B”) /Beatles/アングラへの挑戦

Jimmy Sakurai (Mr.Jimmy) 連載インタビュー:第五回

Rock Locations/Backstage Pass/Legacy Song 伝説の曲/熱中時代/Florida Rock City /メジャーリーグあれこれ/Euro Rock City/Live Is A Four Letter Word/音楽の影踏み/永遠不滅のシングル・レコード/ロック青春回顧録/オルタナティブの現在/暗黒への挑戦/ランドック/ブラジル音楽の深い沼/21st Century Schizoid Jazz/庶業無常/シビュラの蔵書庫/昼下がりの紅茶/名盤/Have Passion!/正座ロック/21世紀の西新宿散歩/紫にぬりつぶせ/西新宿ラーメン散歩/ミュージシャン占術/野球いいたい探鼎談2013/OTKアイテム探検隊/音書く/先駆けロードショー in U.S.A/Blu-ray Disc Review/Official Disc Review/Rock News/Yの戯言/Live Information




@Amazon

beatleg magazine 9月号 (vol.158)


@Tower

beatleg 2013年9月号 Vol.158 [8144709]










【2013.08.09 Friday 14:57】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(5) | trackbacks(0) |
TONE OF THE BEAST スティーヴ・ハリスモデルのピックアップ
5月はじめ、久しぶりにebayをのぞいてて、


セイモア・ダンカンから
スティーヴ・ハリスモデルのピックアップ


がリリースされるのを知った。

その名も、SPB-4。


そんとき5月中旬が発売日になってたと思うので見てみたら、ちゃんとリリースされたようですねー。
ebay価格で約8000円です。(送料含まず)


ハリス師匠と同じピックアップではないですが、プレベを改造してハリスモデルを作りたい人にはいいアイテムですね。
これをつけたら、思わずニンマリして、かわいい愛器になることうけあい〜〜〜♪♪


セイモア・ダンカンのスティーヴ・ハリスモデルピックアップSPB-4

セイモア・ダンカン、スティーヴ・ハリスモデルのピックアップ



ほかにも、こんなアイテムであなたも目指せ!スティーヴ・ハリス!!



Fenderヴィンテージサウンドを忠実に再現。オリジナルが持つ、ウォームでウッディなトーンを継承しています。

■タイプ:ベースピックアップ
■スプリットコイル
■プレシジョンベース用
■マグネット:Alnico V Rods
■D.C.RESISTANCE:11.60k
■RESONANT PEAK:11.60kHz
■ケーブル:Single Conductor Cloth
■OUTPUT:Vintage





IRON MAIDENのベーシスト、スティーブ・ハリスのシグネイチャーセットです。「ベース弦に望む全てを満たしている」とコメントを寄せています。
■ベース弦
■フラットワウンド
■Steve Harris Signature Set
■.050・.075・.095 ・.110





↓ 手っ取り早く。笑




アイアン・メイデンのスティーブ・ハリスシグネイチャーモデル!彼ならではのこだわりを盛り込んだクロームピックガード、メイプル指板、BADDASIIブリッジにフラットワウンドと世界を席巻した80年代の仕様を忠実に再現。

■プレシジョンベース
■スティーブ・ハリスモデル
■カラー:ロイヤルブルーメタリック
■ボディ:アルダー
■ネック:メイプル1ピース
■指板:メイプル
■20フレット、ミディアムジャンボタイプ
■ピックアップ:SEYMOUR DUNCAN SPB-1
■コントロール:1ボリューム、1トーン
■ブリッジ:Leo Quan Badass II
■クロームハードウェア
■ギグバッグ付属
■日本製、逆輸入品です。






【2013.05.28 Tuesday 16:22】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
LIONHEART『HOT TONIGHT』リイシュー決定!
初期アイアン・メイデン脱退組は、こぞってポップ路線に変更していったわけですが、

ポール・ディアノ → ディアノ
デニス・ストラットン →ライオンハート
クライヴ・バー →ストレイタス

そんな中で、ライオンハートとストレイタスがルビコン・ミュージックより
9月27日に再発されます!!
まずは、ライオンハートを紹介。

Hot Tonight (Re-issue)
Hot Tonight (Re-issue)
2135円

↑ まずこちらが、2012/7/23リリースのRock Candy版。
リマスターと書いてあります。


Hot Tonight ※日本語・解説/対訳付き
Hot Tonight ※日本語・解説/対訳付き
2500円

↑ で、こちらが、2012/9/26リリースの日本盤です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
内容紹介
日本語・解説/対訳付き
解説 奥村裕司

元アイアン・メイデンのデニス・ストラットン(G)がアメリカ進出の野望のために結成したメロディアス・メタル・バンド唯一のアルバム!(1984年作)
他のメンバーはロッキー・ニュートン(B)、スティーヴ・マン(G,Key)は共に後にMSGに加入!
印象的なハイトーン・ヴォイスは新人のチャド・ブラウン。
プロデュースはREOスピード・ワゴン、サクソン等、コンパクトなアメリカ寄りの音作りの得意なケヴィン・ビーミッシュが向かえられる。
その結果、アルバムはメロディアスで、コンパクトで印象的な楽曲揃いの傑作に仕上がった。(リーダー・トラックであるM3."Die For Love"のヴィデオ・クリップはヘヴィ・ローテーションされた。)
今回のリイシューに際して当時録音された2曲に加え、ファンの間で人気の高い"Lionheart"をボーナス・トラックとして収録!

1. Wait For The Night
2. Hot Tonight
3. Die For Love
4. Towers Of Silver
5. Don't Look Back In Anger
6. Nightmare
7. Living In A Dream
8. Another Crazy Dream
9. Dangerous Game
10. Heartbeat Radio*
11. You Can't Buy A Dream *
12. Lionheart * ※ *・・・ Bonus track For JAPAN


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ルビコン・ミュージックのサイトに商品紹介がないので詳細はわかりませんが、
おそらくRock Candy盤をベースにしていると思われるので、リマスター盤ではないかと思います。

謎なのは3曲のボーナストラック。

おそらく、これは1999年ポニーキャニオンからリリースされた『Unearthed〜Raiders Of The Lost Archives』からの抜粋と思われ。
だとすると、『Unearthed』を持っている人にはあまり日本盤の価値はないかも。。

ただ、輸入盤より少し高いだけなので解説付きの日本盤もありですね〜。
(リマスターじゃなかったらひっくり返るけど!)


ルビコン・ミュージックで詳細が発表されるといいんですが。



↓ んで、こちらがポニーキャニオンから出てた2枚組。
デモ集なのでマニア向けですが、今となってはレアアイテムのような。
市場で見かけませんね。
この頃のポニーキャニオンは、積極的に日本独自企画CDなどをリリースしてました。

Lionheart / Unearthed

LIONHEART - UNEARTHED- RAIDERS OF THE LOST ARCHIVES • 1999

Pony Canyon - PCCY-01352
17 Mar 1999
(Japanese release)

Dennis Stratton guitars
Rocky Newton bass
Steve Mann guitars
Clive Edwards drums
Chad Brown drums


Disc 1
1.Lionheart
2.Car on the Hill
3.Dealer
4.Time for Love
5.Ace in the Hole
6.Don't You Know What Love Is
7.It Matters to Me
8.Shooting All the Lights Out
9.The Lions Roar
10.Last Night
11.Do You Believe
12.Give Me the Light
13.Prisoner
14.Don't Hide the Feeling
15.Keepin' Our Love Alive
16.Every Boy in Town

Disc 2
17.Sweet Surrender
18.Place in Time
19.Heartbeat Radio
20.You Can't Buy a Dream
21.Outragous
22.Don't Make a Fool Out of Me
23.Angel of Love
24.Missing You
25.You're So Cold
26.Legend
27.If You Wanted to Kill Me
28.Don't Stop Me Now
29.Every Dog Has His Day
30.I Will Love You

【2012.08.24 Friday 17:51】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョン・ロード追悼〜『マシン・ヘッド・トリビュート』
2012年7月16日、ジョン・ロード逝去。

9月5日(日本盤)に急遽『マシン・ヘッド』のトリビュート・アルバムがリリースされます。
(US盤は9/25)

ディープ・パープル マシン・ヘッド・トリビュート:リ・マシンド【初回限定盤CD+DVD】
ディープ・パープル マシン・ヘッド・トリビュート:リ・マシンド【初回限定盤CD+DVD】
2810円

Re-Machined: Tribute to Deep Purple's Machine Head
1475円


海外盤は半額ですが(^_^;)、DVD付きなので日本盤を買います。
アイアン・メイデン、メタリカといった、あまり企画モノに参加しないアーティストがいるのも印象的。
(まー、この手の作品では出来栄えにはあまり期待しないほうがいいかな、とは思っとりますけど。。)

↓ 「ブラインド・マン」って有名曲かと思ってたけど、下の解説では「隠れた名曲」だそうで。苦笑



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1. スモーク・オン・ザ・ウォーター:カルロス・サンタナ
2. ハイウェイ・スター:チキンフット
3. メイビー・アイム・ア・レオ:グレン・ヒューズ / チャド・スミス
4. ピクチャーズ・オブ・ホーム:ブラック・レーベル・ソサイアティ(ザック・ワイルド)
5. ネヴァー・ビフォア:キングス・オブ・カオス[ジョー・エリオット/スティーヴ・スティーヴンス/ダフ・マッケイガン/マット・ソーラム/アーラン・シーエルバウム]
6. スモーク・オン・ザ・ウォーター:ザ・フレーミング・リップス
7. レイジー:ジミー・バーンズ / ジョー・ボナマッサ
8. スペース・トラッキン:アイアン・メイデン
9. ブラインド・マン:メタリカ



内容紹介
ハード・ロック界のトップ・バンドとして君臨してきたディープ・パープルの名盤『マシン・ヘッド』を、メタリカ、アイアン・メイデン、チキンフットら現代のトップ・アーティスト達が完全リメイクした超豪華トリビュート!
「スモーク・オン・ザ・ウォーター」「ハイウェイ・スター」などの名曲を含むのに加え、7月16日に亡くなったキーボード奏者、ジョン・ロードへの追悼の意を込めたメモリアル・アルバム!!
初回限定盤のみチキンフットによるライヴ(「ハイウェイ・スター」)など特典映像を収録した日本盤限定ボーナスDVDを追加!!
【初回限定盤は日本盤限定ボーナスDVD収録/日本先行発売/日本語解説付】

アイアン・メイデンは「スペース・トラッキン」をプレイ。
これまで自らのシングルB面でUFO、シン・リジィ、ザ・フーなどの曲をカヴァーしてきたことがあるが、ディープ・パープルの曲をカヴァーするのは初めて。
ただ、ギタリストのヤニック・ガースはかつてイアン・ギランのバンド、ギランに在籍していたことがあり、また、ブルース・ディッキンソンはソロとして「ブラック・ナイト」を歌ったこともあるなど、縁浅からぬ関係だ。
キーボードが不在で、トリプル・ギターで奏でられる本作のヴァージョンだが、オリジナルへの敬意が込められたアレンジでカヴァー。ブルースの伸びやかなヴォーカルも、往年のイアン・ギランを彷彿とさせるものだ。

メタリカは「ブラインド・マン」で参加。
アルバム『マシン・ヘッド』には未収録だが、同時期にレコーディングされたシングルB面曲で、近年でもパープルがライヴ演奏している隠れた名曲。
ほとんどトリビュート作品に参加することがないメタリカ(例外はアイアン・メイデンに捧げた『Maiden Heaven』など)ゆえ、貴重な音源だ。

ジョー・サトリアーニ、サミー・ヘイガー、マイケル・アンソニー、チャド・スミスからなるスーパーグループ、チキンフットは「ハイウェイ・スター」をプレイ。
オリジナルの魂を生かしながら、超絶テクニックで新たな生命を吹き込んでいる。

1972年当時、アルバムからの第1弾シングルだった「ネヴァー・ビフォア」をカヴァーするのは、本作ならではのスーパー・プロジェクト。
ジョー・エリオット(vo/デフ・レパード)、スティーヴ・スティーヴンズ(g/ビリー・アイドル・バンド)、ダフ・マッケイガン(b/ガンズ&ローゼズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)、マット・ソーラム(ds/ガンズ&ローゼズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)という顔ぶれが参加している。

【参加アーティスト】
メタリカ / アイアン・メイデン / チキンフット / ジョー・エリオット / ダフ・マッケイガン / マット・ソーラム / ザ・フレーミング・リップス / ブラック・レーベル・ソサイアティ(ザック・ワイルド) / ジョー・ボナマッサ / カルロス・サンタナ 他

【初回限定盤ボーナスDVD】
・参加アーティストらによるインタビューやレコーディング風景を収録したメイキング映像。日本語字幕付(約26分)
ラーズ・ウルリッヒ(メタリカ)/カーク・ハメット(メタリカ)/ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)/ジミー・バーンズ/ジョー・ボナマッサ/ジョー・サトリアーニ/チャド・スミス/グレン・ヒューズ/ザック・ワイルド/ジョン・ディサルヴォ/ジョー・エリオット/マット・ソーラム/カルロス・サンタナ/ジャコビー・シャディックス/スティーヴ・ルカサー*/マーク・トレモンティ(クリード &アルター・ブリッジ)*/マイルズ・ケネディ(アルター・ブリッジ)*/スティール・パンサー*
*アルバムには参加していません。
・「ハイウェイ・スター」チキン・フット ライヴ映像 (約7分)
・「レイジー」ジミー・バーンズ、ジョー・ボナマッサ スタジオレコーディング映像 (約9分)

メディア掲載レビューほか
ハード・ロック界のトップ・バンドとして君臨してきたディープ・パープルの名盤『マシン・ヘッド』を、メタリカ、アイアン・メイデン、チキンフットら現代のトップ・アーティスト達が完全リメイクした超豪華トリビュート!「スモーク・オン・ザ・ウォーター」「ハイウェイ・スター」などの名曲を含むのに加え、7月16日に亡くなったキーボード奏者、ジョン・ロードへの追悼の意を込めたメモリアル・アルバム。 (C)RS




【2012.08.24 Friday 17:23】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
STRATUS『THROWING SHAPES』リイシュー決定!
初期アイアン・メイデン脱退組は、こぞってポップ路線に変更していったわけですが、

ポール・ディアノ → ディアノ
デニス・ストラットン →ライオンハート
クライヴ・バー →ストレイタス

そんな中で、ライオンハートとストレイタスがルビコン・ミュージックより
9月27日に再発されます!!

今回は、ストレイタスを紹介。
この『THROWING SHAPES』は、メンバーの監修の届かないところで、変な音質(板起こし?)でリリースされたりと、物議を醸しておりました。
きっと権利関係が変なことになってるんでしょう。
今回のリリースが、粗悪品でないことを祈る。。

ちなみに、こいつの日本盤LPレコードが家にありますが、ほとんど聴いた記憶なし(^_^;)
今回のCD化を機に、ちゃんと聴いてみようかなと思っております。




Throwing Shapes
Throwing Shapes
929円


↑ こちらが曰くつき?の2008年Krescendo盤。


Throwing Shapes ※日本語・解説/対訳付き
Throwing Shapes ※日本語・解説/対訳付き
2500円


↑ こちらが9月26日リリースの日本盤。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1. Back Street Lovers
2. Gimme Something
3. If It Takes
4. Give Me One More Chance
5. Never Say No
6. Run For Your Life
7. Romancer
8. Enough Is Enough
9. So Tired
10. Heat Od The Moment*
11. Whose Life Is Anyway?* ※ *・・・ Bonus track For JAPAN



日本語・解説/対訳付き
解説 伊藤政則

アイアン・メイデンの歴史的名盤『The Number Of The Beast』に参加の後、脱退を表明したドラマー、クライヴ・バーが新たに結成したニュー・バンド、それがSTRATUS!
メンバーはPRYING MANTISの中心メンバー、ティノとクリスのトロイ兄弟と、元GRAND PRIX、現URIAHHEEPのバーニー・ショウにアラン・ネルソン(Key/元STAMPEDE、BERNIE TORME)を加えたスーパー・グループとして’84年に鳴り物入りでデビューを飾る!
彼らの目指した音楽スタイルはメイデンとは180度違う、キーボードを導入したメロディアスなハード・ポップ・サウンド!
ティノ&クリスの確かな才能をメインに生み出された楽曲はとにかくフック満載の名曲揃い!
伝説的アルバムが遂に紙ジャケで日本初CD化!
今回の再発には初期に録音された2曲のボーナス・トラックを特別に収録!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


となってます。
ライオンハートと同様、まだルビコン・ミュージックに詳細がありません。
こいつの音源はどこからきてるんでしょうか??
日本盤ボーナスも2曲追加されてますが。






【2012.08.24 Friday 17:09】 author : wickerman | アイアン・メイデン | comments(0) | trackbacks(0) |
   Total:  T:   Y:
LINKS
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
BNW SEARCH
Amazon Search
HMV Search

English Only
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
BNW SEARCH
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FENDER Bass Strings Super 8250M エレキベース弦
FENDER Bass Strings Super 8250M エレキベース弦 (JUGEMレビュー »)

Fender MEX フランク・ベロモデル用裏通し弦!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
On Board Flight 666
On Board Flight 666 (JUGEMレビュー »)
Iron Maiden
2010/10/20 発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2010年 03月号 [雑誌]
BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2010年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
ベース・マガジン編集部
「スポーツ」をリリースした東京事変の亀田師匠!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
能動的三分間
能動的三分間 (JUGEMレビュー »)
東京事変,椎名林檎
ぴったり3分!!!
RECOMMEND
サンクチュアリ
サンクチュアリ (JUGEMレビュー »)
プレイング・マンティス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SWITCH vol.27 No.6(スイッチ2009年6月号)特集:椎名林檎[音楽家のタブー]
SWITCH vol.27 No.6(スイッチ2009年6月号)特集:椎名林檎[音楽家のタブー] (JUGEMレビュー »)
新井敏記
表紙+巻頭特集。漫画家・井上雄彦氏との対談もあり。
RECOMMEND
MUSICA (ムジカ) 2009年 06月号 [雑誌]
MUSICA (ムジカ) 2009年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
(書籍)
表紙+巻頭特集。長大なインタビューも掲載。
RECOMMEND
ありあまる富
ありあまる富 (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,野崎良太,いまみちともたか
M1 ありあまる富
M2 SG〜Superficial Gossip〜

ドラマ「スマイル」(TBS系全国ネット)
4月17日22:00スタート
出演:松本潤、新垣結衣、中井貴一ほか
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ringo EXPO 08 [DVD]
Ringo EXPO 08 [DVD] (JUGEMレビュー »)

2008年11月30日にさいたまスーパーアリーナで行われた
「生(マルナマ)林檎博’08~10周年記念祭~」を収録。

☆未発表曲を含む、デビュー作から最新作まで10周年を彩る選曲!
☆オーケストラ+バンド、総勢68名によるゴージャスな演奏!
☆ショーアップされた仕掛けや演出は見所満載!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
時空の覇者
時空の覇者 (JUGEMレビュー »)
アイアン・メイデン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
時空の覇者
時空の覇者 (JUGEMレビュー »)
アイアン・メイデン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OSCA
OSCA (JUGEMレビュー »)
東京事変,浮雲,伊澤一葉,椎名林檎
作詞・作曲 浮雲

浮雲フレーバー漂う、今までの事変には無かったタイプの楽曲。
椎名の歌唱も、あり得ない領域に達しています。

7月11日(水)発売。
RECOMMEND
RECOMMEND
SWITCH Vol.25No.2(FEB2007) (25)
SWITCH Vol.25No.2(FEB2007) (25) (JUGEMレビュー »)

特集・ 椎名林檎 [音楽家のマナー]
4年振りにソロ名義のアルバムを発表する椎名林檎。
かつての作品との対峙、バンド、様々な人々との交流を経て進化を遂げる、
ひとりの音楽家としての現在地点を紐解くロングインタビュー
・ 音楽を楽しむ10枚10曲 選:椎名林檎
 フラットに音楽を楽しむ時に、彼女が欠かせない10曲を掲載
・ 斎藤ネコ [音楽家のレター]
・ アルバム『平成風俗』で林檎のパートナーを務めた音楽家から、若き音楽家への手紙に代えての話
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Hip-Hop Tribute to Iron Maiden
Hip-Hop Tribute to Iron Maiden (JUGEMレビュー »)
Various Artists
あ、あたしゃあ、怖くて聴けませんヨ。今のところ…。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
平成風俗(初回限定盤)
平成風俗(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
カリソメオーケストラ,ナダタルオーケストラ,マタタビオーケストラ,コノヨノオーケストラ,コマエノオーケストラ,ノラネコオーケストラ,アノヨノオーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
Different World (Pal Eng Ltd)
Different World (Pal Eng Ltd) (JUGEMレビュー »)

Pal DVDシングル。"Hocas Pocus"のカヴァーと"Benjamin Breeg"のライヴ入り。
RECOMMEND
Different World
Different World (JUGEMレビュー »)
Iron Maiden
Amazonの詳細はUSA盤内容で記載されてますが、ジャケットは"Iron Maiden"のライヴの入ったUK盤です。お買い求めは内容を問い合わせてからのほうが安心かも…。
RECOMMEND
Different World
Different World (JUGEMレビュー »)
Iron Maiden
USA盤CDシングルは"Hallowed Be Thy Name" と"The Trooper" のBBCライヴを収録!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ア・マター・ライフ・アンド・デス~戦記
ア・マター・ライフ・アンド・デス~戦記 (JUGEMレビュー »)
アイアン・メイデン
こちらは日本盤です。
RECOMMEND
Player (プレイヤー) 2006年 09月号 [雑誌]
Player (プレイヤー) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

スティーヴ・ハリスのインタビュー載ってます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Piano Tribute to Iron Maiden
The Piano Tribute to Iron Maiden (JUGEMレビュー »)
Various Artists
これは反則!?のピアノによるアイアン・メイデン・トリビュート。
RECOMMEND
Numbers from the Beast: An All-Star Tribute to Iron Maiden
Numbers from the Beast: An All-Star Tribute to Iron Maiden (JUGEMレビュー »)
Various Artists
レミーやディー・スナイダー参加のアイアン・メイデン・トリビュート。
UP THE IRONS !  
 
PAGETOP