- B'side of Eddie's Bar - Iron Maiden / Shena Ringo / Music / Anime / TV show etc...
赤坂で紅白歌合戦
2010/9/5放送分のスーパーからくりテレビ。

久しぶりに竜之介バンドが登場しましたね。
竜之介くんとレン君、ベースはレン君パパがサポート。

子供っぽさが消えて、小学生ってあんなにオトナっぽいんだな〜と思っちゃった。
楽器やってると大人っぽくなるのかな?
(自分が小学5〜6年生の時とは全然違う気がする……。)

それにしても。
レン君パパ、ゆうこりんにメロメロでしたな〜。笑


【2010.09.07 Tuesday 17:32】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
瑠璃ちゃん、NHK大河ドラマに出演


瑠璃ちゃんが、NHK大河ドラマ『天地人』に出演するそうですね!

なんつーか、すっかり“タレントデビュー”になってますね。
妻夫木聡、常磐貴子、小栗旬、長澤まさみ、上地雄輔、松田龍平、阿部寛、高島礼子、玉山鉄二、深田恭子、小泉孝太郎、吉川晃司らと共演するそうで、いやはや凄いことになってます。

他にも、小栗旬主演の『クローズZERO』の続編『クローズZERO II』サントラにも曲提供の予定だそう。

デビューから大忙しの、大活躍ですねぇ。

頑張ってるなあ〜と嬉しい反面、もうちょっとミュージシャンベースな活動をして欲しいなあ〜と思ったり。。



ソースはこちら

【2008.12.09 Tuesday 23:12】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
瑠璃ちゃんソロデビューへ!
さんまのスーパーからくりテレビ(2008/7/6)放送。

とうとう瑠璃ちゃんがデビューに向けて、フォトセッションに入りましたね〜。
プロフィールを作るためのものらしいけど、あこがれのプロの世界も、いろんな知らない作業があることを知ったことでしょう。

その、からくりテレビがイメージしたプロフィールに瑠璃ちゃんの誕生日が入ってました。
個人的には、誕生日が“ロックの日”(6/9)だったのがなんとなく面白かったです。

そして、番組内でクイズにもなっていたけど、あんなにギターがうまい瑠璃ちゃんが、

ギターのコードを知らない

ことに、驚きました!
す、スゲー!

聴いた音楽の和音まで聴きとって、独自の解釈でコードやソロを弾いていたとは…。
驚異的な耳のよさがないと、あれはできませんねえ。
以前、チャーにソロのフレーズを逆に教えてたことあったもんなあ。
本当に“天才肌”なタイプのギタリストです。
逆に「そんなに弾けるのにコードしらないの?」と先生に驚かれ、ちょっとこっ恥ずかしそうなのがかわいかったですね。

どーやら、知名度確保のためデビューシングルは80年代有名曲のカヴァーになる模様。
売れなくてもいいからオリジナル曲でどうよ?と思ってしまう私は、親心なんでしょうか(笑)???


【2008.07.06 Sunday 21:39】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
瑠璃ちゃんスゲェ〜!
さんまのスーパーからくりテレビ(2008年5月4日放送)

とうとう、瑠璃ちゃんにメジャーデビューの話がっ!(驚)

早くもレコード会社の目にとまるなんて、夢が一気に現実的になってますねえ。
やはり、存在感が凄いからねえ、彼女は。
こーいうのって、なんか自分のことのように嬉しいもんです。
レコーディングはもちろん、プロモビデオの作成など具体的なプラン説明まであったようで。

ギターの腕前はもちろん、ルックスもいいし、ちょっとSっ気(失礼!)なしゃべり・キャラもレコード会社の目にとまったのでしょう。

でも彼女はギターが凄いこともポイントだけど、やはり安定感のある「歌唱力」がレコード会社にとっては最大のポイントだったんじゃないかなあ。
椎名林檎みたいな存在にならんかなー。

今後はプロとしてCHARとの共演があるんでしょーね!
すごいすごい。

CDでたら買うよ〜(笑)。


【2008.05.04 Sunday 22:23】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
竜之介バンド、三重県キングコブラでライヴ
竜之介バンドのライヴに行ってきました!

さすがに1歳の娘を連れて行くわけにはいかず、無理を言って義母に留守番と子守をお願いしてしまいました。
最近、夜寝るのが24:30とか25:00ころな不良娘なので、義母に迷惑かけないかと心配しながら、出発!

竜之介バンドに会えるのは、台風とともに三重県にやってきたとき以来。
今回は三重県久居にあるキングコブラというライヴハウス。
名古屋からだと高速使って1時間10〜20分くらいのところ。

現地に着くと親御さんたちがライヴハウスの外で歓談(&喫煙:笑)されていたので、軽くご挨拶。
覚えていてくださってありがとうございます☆
19時の開演まで約30分あるので、すぐ近くのサガミで慌しく夕食することに。
名古屋人の誇りからか?、自分はコーチン味噌煮込み、嫁さんは天ぷらつき味噌煮込みを注文。
急いで食べて、19時ちょうどに会場入り!

竜之介ママさんの御厚意でチケットを確保していただき(感謝!)、中へ。
最前の真ん中があいていたので、なーんかそのまんまそこへ陣取ることに(笑)。

さてさて、19時ちょっとすぎにメンバー登場。
まったく臆することなくステージに登場する姿は堂々としたもんです。

1曲目はスティーヴィー・レイ・ヴォーンだったかなあ?
ほか、「JOHNNY B. GOODE」「BORN TO BE WILD」「I FOUGHT THE LAW」などのロック・スタンダードは前回もプレイしてくれましたが、バンドのまとまりは前より良かったですねえ。

引きまくった後に「チューニングなおさしてもらうわ。ケイトなんか喋っといて!」と自由な竜之介君(笑)。それを受けてケイト君は観客に挨拶。

「三重県ゆうたら赤福ちゃうで。三重県ゆうたらケイトや。赤いメガネや。」と盛り上げる竜之介君。

オリジナル曲の「俺達の出会い」「KEEP ON ROCKIN'」「夢に向かって」ももちろん披露。
特に「KEEP ON ROCKIN'」のグルーヴ感は僕好みで、フツーに「ええ曲や〜〜」と楽しんじゃいました。

竜之介君は、スライドバーを演奏後に観客に投げるサービスぶり。
プロでもケチりそうなところ、太っ腹です(笑)。
僕の手の届くところに飛んできたけど、あえて隣の少年がキャッチできるよう手を出さず。
目論見どおり、隣の少年がキャッチできました。

少年よ、その竜之介のスライドバーを思い出に、これからも音楽を楽しんでおくれ!

そーいう私も、竜之介君が手渡しでくれたギターピック(バージョン4)はありがたく頂戴しました。
ありがとねーー。


その横で、ミーハーな嫁は、レンくんのドラムスティック、ケイトくんのピック、竜之介君のピックと3種の神器をコンプリート。

また、「ホントに1枚しかないねん。どうしよ?投げよか?」とサービスしたのは「夢に向かって」のオリジナルCD。
こいつはレアです。
見たところ、ジャケット、CDレーベルまでデザインされてましたね。
誰パパ作成かな(笑)?

「ちょーだーーい!」の声響く観客席に投げられたCD。
ゲットした人、ラッキーでしたね。
でも僕は「KEEP ON ROCKIN'」の方がCDほしいぞ〜〜。

アンコールでは、
「三重に来たら紹介したい人がおんねん。三重のジミヘン、中野さんやーっ!!!」
って感じで中野重夫さんをステージにお招き。
前回ライヴで中野重夫さんのステージを見せてもらって、すっかり痺れてしまった私。
子供相手にエゲツないファズサウンドをひきまくる姿は最高でした〜。
登場した中野さんは「“世界の”ジミヘンなんやけど」と切り返すものの、竜之介君とくに返しはなし(笑)。
中野さん相手だと緊張するんですかねぇ〜(かわゆい)。

ギターソロの掛け合いを含む「PURPLE HAZE」は容赦しない中野さんもいいが、竜之介君もちゃんと掛け合いしてて感心しちゃいました。
この辺の腕前も前回見たときより上がってますね。
竜之介君、きっと場数を踏んできたんだろうと思わせます。

中野さんとのセッションでライヴは終了。
えらいもんで、お世辞でもなく「3人とも前より上手くなったな〜」と感じさせてくれました。
レンくんはツーバス決めてくるし(アドリブ?)、ケイトくんもフィンガリングが滑らかになってます。
次回が楽しみや〜と思わせてくれる3人でした!

その後、騒音寺、ニートビーツの2バンドが登場。
失礼ながら存じ上げていなかったものの、ライヴパフォーマンスは素晴らしかったです。
「ロックのライヴは楽しいやろ!」というのがプレイ、ステージパフォーマンスからにじみ出ていて、知らない曲でも楽しめるというステージでした。
竜之介バンドに敬意を表しつつも、「おっちゃんらもロック魂は負けてへんで〜〜!」という貫禄のステージ。
小さい箱ながら、客席も熱くなってました
フジロックなんかのフェスティバルで騒音寺、ニートビーツが演奏したら、間違いなく客席は揺れまくるだろうと思いましたね。

親御さんたちともお話でき、中野さんの演奏も観れ、3バンドとも素晴らしいパフォーマンスで、しっかり楽しんで帰宅しました。

え?
留守番の義母と娘がどうだったかって?
一回も親を探してぐずることもなく、夜はいつもよりいい子でネンネしてくれましたとさ。

3歳になったら、竜之介バンドのライヴにも連れて行けるかな。


【2008.03.28 Friday 23:53】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(5) | trackbacks(0) |
春の豪華版!さんまのからくりTV超特大号
春の豪華版!さんまのからくりTV超特大号(TBS系3/23放送)

作曲に挑戦した、瑠璃ちゃんバンドがスタジオに登場しましたね〜♪
VTRでは、方向性でもめるメンバーたちに、CHARが
「音楽にいいも悪いもない。それぞれが個性だ」ということを諭してました。

ええこと言わはるわ〜。さすが、CHARさん。

んなわけで、スタジオでは佑門くん、大地くん、瑠璃ちゃんの3曲を披露。
瑠璃ちゃんの「未来」は転調あり、ヴァース・ブリッヂ・コーラスあり、と本格的。
とくに、コーラス(サビ)から入る曲作りは印象的です。
後半ではツインギターを生かしたフレーズもありましたねえ。

ギターもうまいけど、瑠璃ちゃんのヴォーカルの音感は素晴らしい☆ですね。
将来、椎名林檎みたいになるんじゃないかとワクワク。
ライヴ観てみたいわ〜。

ところで、佑門くんが
「CHARの特集のギターマガジンがとてもよかったです」
とヨイショ(?)してましたが(笑)。

これかな?

Guitar magazine (ギター・マガジン) 12月号 [雑誌]
Guitar magazine (ギター・マガジン) 12月号 [雑誌]
東京事変




【2008.03.26 Wednesday 15:49】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
竜之介くんデビューの頃
今年もTBS系で放送された
「さんま玉緒のあんたの夢かなえたろかスペシャル」

正月はビデオがたまるんで(苦笑)、つい先日やっと見れたところ。
今年も、真っ直ぐな人たちが登場しました。
レーサー志望の女性、次長課長に憧れる娘、内助の功の奥さんを旅行に連れて行きたいというおじさん…。

自分がなかなか出来ない分、何かに向かってまっすぐな人たちに感動させられます。

この番組みると、

「あ〜〜、竜之介くんが出てきたのもこの番組だなー」

と毎回思い出します。
竜ちゃんがでたときは、新聞のラテ欄に「ギタリスト」の文字があって番組に期待したのを思い出します。
ギタリストって、誰がネタになるんやろ、って。
番組見たときは、Charの話をする竜ちゃんの面白さにすぐに釘付けになりました。
(帽子のくだりがね……笑)

あの印象が強いせいか、今でもまだ「幼稚園児」のイメージです(笑)。
ごめんね、竜之介くん。。

まさか、あの子が曲作ってライヴやって、自分がそのライヴ観に行くことになるとは、これまた

夢にも思いませんでした〜。

そのころの思い出話を、竜之介くんのお母様がブログに書かれてらっしゃいます。
全ての偶然が竜ちゃんに向かって動いてた感じがします。

つまり、これは「必然」だったんだな、と。

そして、竜ちゃんのようなのびのびした子を育てられた親御さんを見習わなくては、と思う今日この頃。


【2008.02.03 Sunday 00:01】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
からくりテレビ〜瑠璃ちゃん新曲決定か!?
もう、だいぶ経っちゃいましたが…2008年1月20日放送の
「さんまのスーパーからくりテレビ」より。

前回、新曲の持ち寄りをした瑠璃ちゃんバンドでしたが、
今回は「第2回新曲披露会」になってましたね。

プロデュースしてほしい有名人に

「なんで竜之介はチャーで、うちがアチャーなのよ!」

と怒る瑠璃ちゃんと、

「アチャーの方が現実的だべ」

という大地君の対比が面白かったですね〜。
(※ ↑のセリフはニュアンスで書いてますんで、テレビと同じではないです)
大地君はなんか、そのまま将来タレントなるんちゃうか?と思わせる個性が出てきましたな。
(僕の中では内山君とすこしかぶっている。笑)

その、プロデュースしてほしい有名人のなかに

ビリー・シン

と書いてあったのを僕が見逃すことがあろうか。

いや、ない!

ビリー・シーンが好きなのは瑠璃ちゃんかなあ?
もしくは弟君か。


瑠璃ちゃんの新曲は、ちゃんと「曲」になってました(驚)。
1回目の新曲とはえらい違いです。
早くも才能開花か?

しかもな〜、この娘、歌がうまいんだよな〜!

歌詞は(あえて)子供っぽいところも、したたかというか(笑)。
うーむ、女子はおそろしい。。
【2008.02.02 Saturday 23:47】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
竜の介バンド、スタジオでライヴ演奏!
竜の介バンド、ひさびさにからくりテレビに登場です!

竜の介バンドライヴに参戦したとき、堀くんパパに放送予定次期は聞いてました。
なので、

これは秋の2時間スペシャルの目玉だな〜〜。うんうん。

との読みでほくそえんでいた私でした(笑)。

そしたらなんと!

秋の超豪華スペシャル!!
熱中少年!ギター少年竜之介・竜之介バンドがスタジオで生演奏!


とあるじゃあないですか!?

こりゃもう、楽しみです。
さんまさん始め、スタジオのみなさんも盛り上がることでしょう!
竜之介くんを絶賛したYOUも出演してるんでしょーか。
台風と直撃した四日市ガリバーでのライヴも、少しは放送されるかな〜(^-^)?

それと。

いま放送されてる番宣予告で、
ベースのケイトくん、リストバンドしてるよね〜。

もしかして、あれはおいらがプレゼントしたやつかな!?
もし使って出演してくれたならありがと〜だなあ〜♪


……あとでケイトくんパパに聞いてみよっと。

【2007.09.29 Saturday 23:35】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
竜之介君、週末は大阪でライヴ!
竜之介くん、8/4、5の週末は大阪でライヴだそうです。
親子でライヴできるなんて素敵ですね〜☆


7/28にはなんと、名古屋のダイヤモンドホールに中野重夫さんのライヴ観に来てたそうで。
ケイトくんも一緒だったのかな?

中野さんのはからいで、ライヴに飛び入り参加、楽屋でギターまでもらっちゃったそう。
四日市ガリバーでのライヴで、中野さんは竜之介君のこと気に入っちゃったんでしょうね〜(^-^)。

自分家の近くでこんなことが起こっていたなんて、ちょっと悔しいな〜(笑)。

【2007.08.04 Saturday 16:32】 author : wickerman | からくり竜之介・瑠璃バンド | comments(0) | trackbacks(0) |
   Total:  T:   Y:
LINKS
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
BNW SEARCH
Amazon Search
HMV Search

English Only
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
BNW SEARCH
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FENDER Bass Strings Super 8250M エレキベース弦
FENDER Bass Strings Super 8250M エレキベース弦 (JUGEMレビュー »)

Fender MEX フランク・ベロモデル用裏通し弦!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
On Board Flight 666
On Board Flight 666 (JUGEMレビュー »)
Iron Maiden
2010/10/20 発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2010年 03月号 [雑誌]
BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2010年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
ベース・マガジン編集部
「スポーツ」をリリースした東京事変の亀田師匠!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
能動的三分間
能動的三分間 (JUGEMレビュー »)
東京事変,椎名林檎
ぴったり3分!!!
RECOMMEND
サンクチュアリ
サンクチュアリ (JUGEMレビュー »)
プレイング・マンティス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SWITCH vol.27 No.6(スイッチ2009年6月号)特集:椎名林檎[音楽家のタブー]
SWITCH vol.27 No.6(スイッチ2009年6月号)特集:椎名林檎[音楽家のタブー] (JUGEMレビュー »)
新井敏記
表紙+巻頭特集。漫画家・井上雄彦氏との対談もあり。
RECOMMEND
MUSICA (ムジカ) 2009年 06月号 [雑誌]
MUSICA (ムジカ) 2009年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)
(書籍)
表紙+巻頭特集。長大なインタビューも掲載。
RECOMMEND
ありあまる富
ありあまる富 (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,野崎良太,いまみちともたか
M1 ありあまる富
M2 SG〜Superficial Gossip〜

ドラマ「スマイル」(TBS系全国ネット)
4月17日22:00スタート
出演:松本潤、新垣結衣、中井貴一ほか
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Ringo EXPO 08 [DVD]
Ringo EXPO 08 [DVD] (JUGEMレビュー »)

2008年11月30日にさいたまスーパーアリーナで行われた
「生(マルナマ)林檎博’08~10周年記念祭~」を収録。

☆未発表曲を含む、デビュー作から最新作まで10周年を彩る選曲!
☆オーケストラ+バンド、総勢68名によるゴージャスな演奏!
☆ショーアップされた仕掛けや演出は見所満載!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
時空の覇者
時空の覇者 (JUGEMレビュー »)
アイアン・メイデン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
時空の覇者
時空の覇者 (JUGEMレビュー »)
アイアン・メイデン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OSCA
OSCA (JUGEMレビュー »)
東京事変,浮雲,伊澤一葉,椎名林檎
作詞・作曲 浮雲

浮雲フレーバー漂う、今までの事変には無かったタイプの楽曲。
椎名の歌唱も、あり得ない領域に達しています。

7月11日(水)発売。
RECOMMEND
RECOMMEND
SWITCH Vol.25No.2(FEB2007) (25)
SWITCH Vol.25No.2(FEB2007) (25) (JUGEMレビュー »)

特集・ 椎名林檎 [音楽家のマナー]
4年振りにソロ名義のアルバムを発表する椎名林檎。
かつての作品との対峙、バンド、様々な人々との交流を経て進化を遂げる、
ひとりの音楽家としての現在地点を紐解くロングインタビュー
・ 音楽を楽しむ10枚10曲 選:椎名林檎
 フラットに音楽を楽しむ時に、彼女が欠かせない10曲を掲載
・ 斎藤ネコ [音楽家のレター]
・ アルバム『平成風俗』で林檎のパートナーを務めた音楽家から、若き音楽家への手紙に代えての話
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Hip-Hop Tribute to Iron Maiden
Hip-Hop Tribute to Iron Maiden (JUGEMレビュー »)
Various Artists
あ、あたしゃあ、怖くて聴けませんヨ。今のところ…。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
平成風俗(初回限定盤)
平成風俗(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
カリソメオーケストラ,ナダタルオーケストラ,マタタビオーケストラ,コノヨノオーケストラ,コマエノオーケストラ,ノラネコオーケストラ,アノヨノオーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
Different World (Pal Eng Ltd)
Different World (Pal Eng Ltd) (JUGEMレビュー »)

Pal DVDシングル。"Hocas Pocus"のカヴァーと"Benjamin Breeg"のライヴ入り。
RECOMMEND
Different World
Different World (JUGEMレビュー »)
Iron Maiden
Amazonの詳細はUSA盤内容で記載されてますが、ジャケットは"Iron Maiden"のライヴの入ったUK盤です。お買い求めは内容を問い合わせてからのほうが安心かも…。
RECOMMEND
Different World
Different World (JUGEMレビュー »)
Iron Maiden
USA盤CDシングルは"Hallowed Be Thy Name" と"The Trooper" のBBCライヴを収録!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ア・マター・ライフ・アンド・デス~戦記
ア・マター・ライフ・アンド・デス~戦記 (JUGEMレビュー »)
アイアン・メイデン
こちらは日本盤です。
RECOMMEND
Player (プレイヤー) 2006年 09月号 [雑誌]
Player (プレイヤー) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

スティーヴ・ハリスのインタビュー載ってます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The Piano Tribute to Iron Maiden
The Piano Tribute to Iron Maiden (JUGEMレビュー »)
Various Artists
これは反則!?のピアノによるアイアン・メイデン・トリビュート。
RECOMMEND
Numbers from the Beast: An All-Star Tribute to Iron Maiden
Numbers from the Beast: An All-Star Tribute to Iron Maiden (JUGEMレビュー »)
Various Artists
レミーやディー・スナイダー参加のアイアン・メイデン・トリビュート。
UP THE IRONS !  
 
PAGETOP